FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修得10マス目 古神 (たでちん)さん 前半


どうも泣き草です。

今回、特化古神の記事です。

本日は、星野のティンカーベル(妖精)、たでちん さんを 捕まえました。

ゼルダの伝説で言う虫取り網で。ビン詰めにしてインタビューです。


ますは、泣き草が送る インタビュー基準となる最強とは、そして強さとは。

簡単だよ、そのまちまちな強さの基準 グーグル が 世界基準だよ。統一しようよ。
教えてグーグル先生。強さってなぁに?






まくのうち

あ、一歩ちゃんか、確かに強いな。 信でいったら高火力で敵を粉砕。 たしかに強い!







ゲン

あ-、そうね。強いね。こういう強さ。 これは強いね。 強い強い。










キングギドラ



もう、わけわかんねぇな・・・・。







グーグルですら基準はまちまちか。 
勇次郎がたくさん出てきたけどゲップが出るので割愛させて頂きます。

「教えて強さの定義 自分貫く事 かな それとも自分さえ捨ててまで守るべきものを守る事 」

あー、この辺この辺。 マー って言って敵を粉砕するラーゼフォンの歌詞ね。 うーん説得力ないね。

本当の優しさ、本当の強さとは何か。きっと、本当の優しさは困った人に手を差しのべる温かさと、時には突き放す勇気のことで、本当の強さは、心の底から相手のことを思いやる気持ちだと私は思う。暴力をふるったり暴言を吐いて強くなったと思う人は、決して強くなんかない、弱い人間だと思う。 (法務省)

この辺りか。つまり、腕力ステによる暴力が横行してるこの戦国時代は・・・・。



私、泣き草が思うに 能力値も強さの一環だとは思いますし、また、人柄特化など大事な能力値もあるとは思いますが大事なのは、それぞれの能力値をどう信onに生かし貢献しているかが最強の基準と思っておりまして、そういう方々をインタビューをしていこうと思います。
生産、筆頭、党首 議長 などなど、やっぱり 旗ふりをしてる方々の貢献が半端内。うん。

私も、最強武士道を目指す上で、後最強で埋めたい項目は、ブログ1位と上覧で党首して1位と大名を倒す。です。

また、ブログもお陰様で、軌道に乗りまして、感謝の念に耐えません。
これからも読んで頂けるように、面白く作っていきますので、何卒贔屓に宜しくお願いいたします。
信ブログランキングのラスボス達の壁がマジで強すぎます。

ね? ステじゃないでしょう?という事で、ステとか能力値は、強さにあまり関係ないかなと思います。

たでちんさん「って、ステ上げきった人間に言われてもwwww」

うはwwwって言われてもww逆に、自分がショボステだったら、筋が通らないじゃないですかねwwwwはいwww
謙虚差が無いとこの信では生きていけません!!!!!よ!!!!

Q:最強ですか? A:いえ、まだまだです。 この答えはいつも これで無ければならない。謙虚なナイト。


話は戻り、今回は、紺碧星野最強の古神のたでちんさん。 
もうどのぐらい星野へユーザーを連れて行ったか分からない。星野を主催する貴重な人材。
晒される程の、雑な募集文が売り!! 
「なぜ星野へいくのか~」この謎に迫り 生態系を探ってみました。


発端は、久しぶりに「たでちんさん」とご一緒致しました。

その時の衝撃の一言

たでちんさん「泣き草さん ブログ楽しくみております^^」

あー、どうもどうもお恥ずかしい限りです。

たでちんさん「いつも みた後 拍手押してます。」

ちょ、、ちょっとまってくれ その拍手ボタン 拍手3って書いてある時あるんだけど・・。

1個が、たでちんさん でしょ・・?
もう一つが、自分で自作自演で拍手してるんだよな・・。
って話を一門でしたら、一門員<俺、押してます。 って返答が。
あら、拍手の中身、解決。 そして絶望。

ファ~ ファ~  もしかして、拍手押してくれてるのたでちんさんを含んだ知人のみなのか・・?
いや、ありがたいんです。非常にありがたいんです。ありがとうございます!!!!!!
全力でありがとうございます!!!!



にしても寂しいねぇ?   ほらっ、ここ、ここ押してみ? ほらっ・・・押してよ・・!


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村







後半に続く。
(たでちん先生、自由に弄ってすみません。のちのち、正式に謝罪を致します。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泣き草or伊予の狸

Author:泣き草or伊予の狸
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」

すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ

突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだキャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO!違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO! (ドゥ??ン ドゥンドゥンドゥ??ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI! SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージのマシンガンがおばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップ。それがここにはあるのだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。