FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西戦は、正直ゴ っしょ

正直 ゴ、ゴ ゴポ ちゃあああああんんんっしょ

1286166219602.jpg

そっかー、東西戦正直ゴポっしょ かー。 厳しいねー。

これを言ってくれるのを期待して、開いてくれたんでございましょ?

ん? ちがうのかい?  ん?^^ 

それとも、ある言葉を人に言って貰いたいのかい。

そうでしょう。
 
自分では、手を汚さず。他の人に悪役をやって貰いたいのかい!!!

まったく、君ぃ。






そりゃー、泣き草君だって。

人が面白いねー^^と言ってる所。

「はっ??何が面白いの? ゴミっしょ」

と、こんな台詞はいたら。ほんと、喧嘩売ってるのか、この人間終わってるな。と思うのが日本の常識であります。

当たり前です。

取りあえず「面白いね^^」が間違いなく無難な回答。最近ようやく分かってきました。 あざとい!!と思うけど。

いや、うん。「空気を読まない」人間では無いですよ。 楽しんでる方、不快にさせて申し訳ない。

でもね。

敏腕P「今年の東西どう?」

スタッフ「今までの中で一番喜んでいるようですねー。参加者も楽しんでますね。見てください合戦を。どのブログでも好評です。」

敏腕Po0(さすが、ワイや。戦闘より、争いも無く手をつないでゴールの方が喜ばれるのは知っている。)


なーんて、思われたら。目も当てられん。

いやいや、この東西ゲームとして、ゴミっしょ。これ。カンカンとか。 確かに捗るんだけど。ゴミっすよね。

やばいね

武将放置して、稼げるトンカチですよ。ええ。はい、正解。 くるっとる。

来週、対人P倍以上とかにするんだろうけど。 なめてるよねー。 この発想が。

ふっとみた。ゲーム内の赤の、「これが11周年の集大成?」 ごもっともです。

ユーザーが自分で遊び方を決めて遊んでくださいって、キチガっすわ。 チャーケンのキチガ○より、狂ってますわ。

ブログでも誰かが言わんとね。

クレーム上げないとだめよぉ~。皆様、めんどくさがらずに、要望は送りましょうね~。

所で、 えっ、危険な話題俺やんの? しょうがないか。気になるなら自分がやらんとね。

ライブイベントの時、も思ったけど、楽しむための仕事してるよなぁ。最近のイベント。

いや、誰もが多分そうなると思うんだけど。自分が楽しむための仕事をしてるよなぁ。楽しそうでなによりっすわ。

うーん、でもユーザーからしたらあんまり面白くないんだよねぇ。

ま、全ては、今さらですよね。 はい。 


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ





返信コーナー 東西戦 勲功 80億 への道

>残念なことに霊薬強化にしか使い道がないため問題はないです

ええ、きっと誰もがそう思います。
口座に80億円振り込まれてたら・・・。
使っても問題ないって・・・。

そうして、私は、窮兎アナウンスの後はやって無いのにかかわらず。
覚醒、経験、源、城下町を焼かれ、妻にも逃げられました。下手な制裁は、マイナスしかないなと思いましたね。
そのちょっとの好奇心からの白い粉が、身を滅ぼすのです。

ダメ、薬物。

>使ってしまいそう!1回だけ・・・
2014-06-13(07:24) : 極楽しません

泣き草は、少し考えた後、ジャンジャン使いました。
そして、節に思うのです。

o0(かなりの人が、この状態になったんだよな。結構皆使ってるはずだ。)

あの制裁食らった時の、理不尽な憎しみの感覚をぜひ皆と共有したいとっ・・・・!!!!!

はじまる憎しみの連鎖  おしまい。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泣き草or伊予の狸

Author:泣き草or伊予の狸
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」

すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ

突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだキャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO!違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO! (ドゥ??ン ドゥンドゥンドゥ??ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI! SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージのマシンガンがおばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップ。それがここにはあるのだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。